借金って返済出来ないとどうなっちゃう?!

2016-12-%e6%9b%b4%e6%96%b01-25
借金と聞くだけで何だか後ろめたさを感じるものですね。
自分自身は、キャッシングもカードローンも使った事も無い賃金会社処女ですが……出来る事ならば、こういった会社「一生お世話になりたくない!」なんて、感じてしまうものです。

借金返したいけど返せない人向けのサイト

しかし、ふとした疑問ですが……もし借金を背負ったと仮定しましょう。
こういった場合返せないとどうなってしまうのか? 少し気になるものですよね。
逃げて踏み倒す事って出来るものなのか? まずその点から調べてみたのでざっくりと解説していきましょう。逃げて踏み倒す事、コレって全くもって不可能というワケではありませんが、当然の事ながらしない方が賢明だと言えますね。
何故かと言えば、事故処理扱いとなってしまって向こう数年はクレジットカードも使う事が出来なくなってしまう他に、再びどうしても現金が必要だからなんてシーンに見舞われたとしても賃金会社でお金を借りる事が100%出来なくなってしまうのです。
つまりは社会的信用が改善に0になってしまう……そんな事を考えれば、返済は絶対にした方が良いという事が分かりますね。

またここ最近TVCMでも見かける”債務整理”。コレってつまりは弁護士に頼んで借金の返済額を軽くして貰う交渉をする事ですが、まだこちらに頼った方が賢明だと言える部分もあるものです。確かに多額借りた事を仮定して、長期に渡り返済を継続させているようであれば、必ず過払い金も発生するものなので、こちらを使って返済を進めた方が良さそうだなと感じますね。
ですが、これもやはり交渉が入るので完全に100%借金を軽く出来るとは限らないという部分もあるものですからね。けれど、こういった法律相談事務所は見積もり&相談が無料という場所が多いからこそ、1回試しに聞いてみる価値はあるのでは? と、感じるものですね。

ですが、全ての点”そもそも論”を考えてしまうと、安易にキャッシングやカードローンに頼るのっていかがなものかと思えてしまう部分もあるものですね。
確かに急に現金が必要! という崖っぷちでどうしようも無い理由だとすれば仕方無い事かも知れませんが、そうでは無い場合はなるべく避けるべきでは?! なんて感じてしまいます。「ご利用は計画的に」この言葉ってその通りだなと改めて感じるものですね。

プチプラ通販でオシャレ頑張ってます…

お金が無い。コレってあんまり言い過ぎると、自分の気が滅入ってしまいそうなので、もはや暗黙のルールで例えお金が無いとしても、言わないように常日頃から心がけています。
確かに貯金もそんなにありません。
ですが、やはり女性である事には変わりなくオシャレがしたい、キレイになりたい、服が欲しいなどという欲求ってどうしてもあるものです。
以前はブランド服ばっか買っていたからこそ、ある程度良いブランド服じゃなきゃ絶対ダメ……なんて思っていた私ですが、やはり結婚して金銭の自由が少し狭まってからは、この価値観もガラリと変わりました。

正直言ってしまうとそんな余裕皆無に等しいんですよね!
毎日生活をしていればお金もかかるもの。昔は実家暮らしだったので食費や生活費は親がだいたい何でも面倒を見てくれていたので、自分にいくらでもお金を回す事ができましたが、自分のお小遣いは今現在月1万円もありません。5000円もあれば良い方でしょう。
そうなると満足に服なんか買う事も出来ません。

2016-11-%e6%9b%b4%e6%96%b01-25
ですが、既婚者友人に「案外ネット通販の服いいよ」なんて事を聞いて買うようになったのですが、コレってアリじゃ!? なんて、思ってしまったのです。

むしろ今まで服に1シーズン5万6万と費やしていた事が馬鹿みたい……なんて思えてしまう程です。正直にネット通販は届くまでは分からないという部分もあって少し怖いとさえ感じていたのですが、意外にも素材が悪くありません。
昔はワンピースに1万円ほどは普通にかけていましたが、今では高くて2900円か3900円程度です。むしろ今では1シーズン1万円もあれば余裕で乗り切れてしまう程に余裕があります。正直に買うまではかなり侮っていたのですが、結構ネット通販の服も悪くないななんて感じてしまいました。

またWEARなどのファッションスナップSNSなどを見ると、意外にもオシャレ女子の皆さんプチプラネット通販のブランド服や、GUやH&M、UNIQLOなどのリアルプチプラ服を大活用しているんですよね。
要するに着こなし次第では? なんて感じてしまう部分も強い事から、お金が無いからオシャレが出来ないなんて、これは理由にならないのでは? なんて感じるものです。

夫の借金、妻が返済義務があるかどうかって話

自分の主人、過去に致し方ない理由で私に内緒で借金をしていた事があったのです。
それはもうかれこれ5年~6年と昔の話。
これを告白された時「なんでどうして!」とドン底まで突き落とされたような気分に陥ったのは記憶に未だ新しいです。

その当時の私もクレジットカードも上限まで達していた時期。正直に焦りしかありませんでした。

オリコカード審査通らない!審査に落ちた理由は何?
審査に通らないのもたいがいですが、上限までいってしまうのも「これはヤバイ」って焦ってしまうものですよね…。

ですがこの借金も今ではもう完全に片付いているので不安の種はありませんが……内緒で借金を背負ってた事を考えると「またやりかねないじゃ」なんて疑ってしまう部分ってあるんですよね。

それに人生って何時何が起きるかも分からないもの。
あまりにもネガティブな事って考えたくもありませんが、もし主人が死んでしまって借金だけ残してしまった場合どうなるの?! なんて不安を覚えました。
当然夫婦ですし返済の義務が自分に回ってくるのだろうか? なんて考えてしまいましたが、これしっかりと調べてみたところ返済の義務は無いようです。

例外としては生活費の補助などの”夫婦の借金が関連する場合”のみ。
個人的事情や、会社の経営費などといった場合の借金の場合は妻側が関与していない限りまず返済義務が生じないとの話。
なので例えば夫が通勤用の車を買った為の借金や、ゲームを購入した時に生じた借金なんて場合まず自分に返済義務は無いとのこと。
これを知って安心はしましたが、その当時した借金は自分達の結婚式の為の資金に遠方の友人の結婚式の為と割と自分の関与していた事だったので、今思うとゾッとしてしまいます。

これを言うと、心配しすぎなんじゃ……なんて言われてしまいますが、主人は毎日約1時間ほどかけて車通勤をしています。

2016-10-%e6%9b%b4%e6%96%b01-25

大型車両が通る3車線の国道を走ったりもするので、事故に巻き込まれる可能性だって否めないので正直に怖かったり心配する部分もあるんですよね。

なので毎日夜に無事に帰宅すると安心しますし、ちょっとでも遅いと心配になってしまうのが本心なんです。
やはり家計を支える大事な存在でもあり、自分にとては最愛の人間ですからね。
いつか数十年後別れが来るとは分かっていても、まだまだ自分を置いて先に逝って欲しくないなんて感じてしまいます。

オシャレは浪費?自分磨きは浪費?

2016.09.更新1.25
以前はてなブックマークで見たブログ内容ですが”女の子は自分磨きの為に少し投資すると良い”なんて記事を見かけました。
はてなブックマーク。結構有益な情報なども載ってる上、最新のニュースなども知れるので毎日のようにチェックしているのですが、こういった雑談コラム系の話題も載っていてなかなか楽しいです。

しかしその記事コメントで男性が「容姿に磨きをかける為にお金をかけるなんてムダで愚か過ぎる、男に媚びてる感あって馬鹿らしい。勉強でもしてその為に金かけろ」なんて事を書いてあったのを見かけたのです。
確かにこの言葉「内面を磨く為にも勉強に投資しろ」という事という風にも受け取る事も出来ますが、容姿磨きにお金をかける事ってそこまで愚かな事なのか? と女性の立場の自分でも思ってしまったのです。

確かに内面を磨く為に投資を行う事は悪い事では無いと思います。
社会人になっても通信教育で資格だってとる事が出来ますからね。
こういったものを活用して知識と技術をつける事は追々の人生にきっと役立つに違いないと感じる事が出来ます。

ですが、やはり人と接する機会があるのあらば、容姿に気を遣う事って大事ではないのか? と、思うのです。

恋愛的な意味でもなく、友人関係にしたって話しやすい人物像を想像すると、不潔で自分に気を遣わない無頓着過ぎる人よりも、清潔感あって清楚な雰囲気のある人の方が好意が持てますし、喋りやすそうな雰囲気がありますからね。
同性を見て「この人は喋りやすそうだな~」なんて感じる第一印象を決めるのってやはり外見的部分って私でしたら少なからずあります。
だからこそ容姿磨きの為の自己投資ってムダでは無いと感じてしまうのです。
トレンドに過敏になれ、毎シーズン服を買えとまでは言いませんが、やはり内面磨きと外見磨きの自己投資ってのバランス大事では? なんて感じてしまいました。

これを言ってはおしまいかも知れませんが、でもお金の使い道なんて個人の自由ですからね。それをどうこう言うのは少しズレてるような気さえもしてしまいます。
ただ浪費だと決めつけるのは少しおかしいな? なんて個人の主観では感じてしまいました。

若いうちはお金が無い事は割と当たり前

景気が回復してきた? なんて色々囁かれているものですが……「そんなん嘘だろ」なんて感じてしまう30代です。
就職難は相変わらずに続いていますからね。正直に言って、今の社会を作った先人達を恨むしかないとは思うものですが、恨んだところで何も始まりません。

しかし、本題の通りの事ですが……若いうちはお金が無い事って割と当たり前のように感じてしまうものです。
主に20代・30代前半ともなれば仕方の無い事かも知れません。
この年齢層と言えば、社会人になりたてから10年目。
のし上がって上に昇格する人も多々いるものには違いないですが、とは言え月収50万以上なんて方はそうそう居ないものでしょう。
大凡が12万~30万程でしょうか。その辺りの事を考えると生活費や雑費を払って、健康保険に年金を払っていれば「お金が無い」事って割と当たり前の事ではないのか? とさえ感じてしまいます。
また、この年齢層と言えば、結婚適齢期ですからね……自分の結婚式に友人知人同僚の結婚式にもお呼ばれし、祝儀を包む機会も多くなります。

2016.08.更新1.25
それに、自分自身が結婚したとなれば、マイホームを住宅ローンを組んで購入するなんて事もありますからね。

お嫁さんと実家暮らしという方も居るものですが、ここ最近は長男であったとしても両親と暮らすというケースは割とイマドキ珍しく極希です。
また同時に不幸にも巡り会いやすく、親戚や祖父母或いは父母の死もありうるので葬式代にお金がかかる、お香典代にお金がかかるという事もありうるものです。
こういった背景を考えると「若いうちはお金が無い」事って割と当たり前の事柄ではないのか? とさえ感じるものですね。確かに働き盛りというのは20代・30代かも知れませんが、稼げるようになるのは30代後半から40代になってからでは? とさえ思えるものですね。

実際に私の父も言っていた話ですが……20代はお金がなさ過ぎてヤバかった。
だけど、今の子達は安月給過ぎてもっと苦しいだろう。そんな風にさえ言っていました。
経済状況が良くなる事を祈る他無いですが、正直将来も心配になってしまいますね。

健康である事がお金を使わない秘訣?!

2016年開幕と同時に肺炎を拗らせ、ついでに百日咳を併発で拗らせ……桜の咲くシーズンまで体調がグダグダに悪かった私ですが『本当に健康で無ければお金って減っていく一方だな』なんて事をこの上半期で痛感しました。
医療費に検査代……これだけで保険が適用したとしても3万4万は飛びました。
その上、今年は車検の年だったという事もあってかなり金銭的にカツカツな生活を送っていました。正直に、かなり厳しかったという理由もあって情けないながらも家族にサポートしてもらったのです。もう30代。これほどまでの恥辱は無い! なんてつくづく思ってしまうものです。

そんな理由もあり、改めて健康の大事さが分かった気がします。
仕事だって当然疎かになってしまうものですからね……仕事が出来ない=収入が発生しないものなのでこれはさも当然の事かも知れませんが、かなり心苦しく感じるものです。
その上私の仕事は歩合制のような部分もあり、有給休暇も存在しないので(こればかりは仕方ないですが)休んでる間は当然報酬は発生しません。
やったらやった分だけ報酬が生まれるような仕事なので、尚更の事健康維持は大事だろうなと、感じました。

しかし、健康維持とは言ってもイマイチピンと来ないものですよね。
早寝早起き食事は3食バランス良くきっちり取って運動は適度に行うこと。これは理想的なものに違いないものですが、都合もあってコレが出来ないなんて事もあるものでしょう。
むしろ現代人に完璧なる健康的生活を送れという方が割と無理難題ではないのか? と、さえ感じてしまうものです。


倒れるだけで腹筋出来る例のアレ買って体力でもつけようかと考える程ですw

ですが、”極力”といったくらいの方で捉えた方が良いのでは? なんて、感じて毎日乳酸菌飲料を飲んだり和食中心減塩の食事を心がけるようにしています。
その影響もあってか、5月からは一切体調を崩していません。その上、割とスムーズに仕事も行えているので順調だと言えるでしょう。
今の季節は未だ暑いので良いですが、本当に怖いのはウィルスが蔓延する秋冬が最もですね。今のうちに健康な身体作りをして、秋冬に備えてなるべくお金を使わないように……と、心がけようと考えています。

貯金って難しいなと感じますね

昔々の独身時代にこそ出来ていたけれど、既婚になった途端に出来なくなった事って本当に沢山あるなとよく私は感じます。
”結婚は人生の墓場”なんて超ネガティブな言葉もあるものですが大袈裟に言ってしまえば、そうなのかも知れません(自分自身そこまでは悲観的にはなっていませんが)

特にお金の事については自由が本当に減ったなと感じる事が多いです。
私の場合は家庭に入り半専業主婦の身なので、一応は収入があるものですが、当然独身時代のように稼げているワケではありません。
独身時代の時との収入の差と言えば20万近く減ったと思います。
扶養の範囲で無ければ家の事だって出来ないので仕方ないと言えば仕方ない事ですが、昔々は面白い程に貯める事が出来た貯金が今では本当に難しく感じます。
コツコツとやって3カ月で5万が精一杯でした。
ですが、家からほぼ出る機会も無く稀に遊びに行く為や愛犬のトリミング代に充てるので充分と言えば充分かも知れませんが……何だか「今の自分はこんなものか」としか思えないんですよね。確かに収入が少ないからこそ仕方ない事には違いないでしょう。
ですが、目的も無く貯金を貯める事が趣味と化していた私にとってはかなり物足りなさを感じてしまうのです。

けれど最近気がついた事ですが……人間、ここで目的が発生するだけで俄然頑張ってやろう、努力してお金を貯めてやろうと思えるものですね。

2016.07.更新1.25
ある意味収入が少なく、それで貯金をしていくという状態はゲームで例えればエクストラハードクラスの難易度なので逆に面白いと思えてしまったのです。
さすがに完全に無理ゲです! といったアルティメットクラスになってしまえば、やる気さえも起きないでしょうが、出来なくも無い収入だからこそ、まだまだ頑張ってやろうと思えるのです。そう考えると、貯金ってゲームみたいなものかも知れませんね。

単純にその目標とは新しいPCが欲しい・愛犬と一緒に旅行に出かけたいといった本当に平凡過ぎる事ですが、それでも私はやりがいを感じました。
もはや、貯金においては”目的”や”目標”が本当に大切ではないのか? と、考える事が出来ますね。2年3年程で目指せ50万円を目標に地道に頑張ってやろうと目論んでいます♪

パチンカスにはなりたくない

こんなことは思いたくありませんが、やっぱり世の中って生まれながらに貧富の差があり、決して平等な世の中ではないと思うんです。

経済的に余裕があり裕福な家庭に生まれれば、結婚をしても親からの援助で自宅を購入したり、車を購入したり、はたまた海外旅行へ出かけられたりもします。

一方我が家と言えば、生活に全く余裕がありません。

共働きで、主人に至っては副業までしておりますが、それでも生活がカツカツな状態です。

収入は少なくない方だと思います。平均収入と言われるほどの世帯年収にはなるでしょう。
しかし、我が家の場合夫の両親、つまり義家族への仕送りがネックとなっており、我が家の生活が破たん寸前です。

というのも、義実家は浪費家な上に子どもに養ってもらうということを当然の権利として考えているからです。

私たちの仕送りで、外食をしたり新しい車を購入している義実家。

そんな我が家は、外食なんて一体いつ行ったのだろうというくらい遠い記憶の出来事となりつつあります。

子どもに習い事をさせたいと思っても、そんなお金もありません。

負の連鎖を断ち切るために、私たちは自分たちの老後の資金は自分たちで貯めなければと思ってはいるのですが、今の状態を続けている限り、子ども達へ負担がかかるのは目に見えています。

どうにかして断ち切りたいです。

上を見ればきりがないので、最近は底辺の人の生活を見て、まだ自分たちはマシなんだなと思うようにしています。

パチンコ依存症のブログ記事を書いてる人

うちの夫もパチンコをする関係で、最近このブログをちょくちょく見ていますが、この人よりかは生活レベルは上なのかなとは思います。

パチンコで借金を作るパチンカスにはなりたくないです。

すぐに衝動買いをしないために

先月申請した確定申告の還付金が、昨日付けで銀行口座に振り込まれました。
もともと払わなくていい分だったとはいえ、臨時収入なのでありがたいですね。

実は、以前からいろいろと欲しいものがあって、ちょうど臨時収入もあったしもうすぐ給料日だし、思い切って買っちゃおうかな? と思っています。
でも、すぐに使ってしまうのもあれだし、臨時収入があるたびに使いきってしまうのもなぁ……という思いもあるので、もう少し冷静に考えてみます。

私は以前から「必要なものならすぐに買うはず。なので、迷っているという事は、それがなくても問題ないという事」と考えるようにしています。
この考え方、割と当たっていると思いますよ。

昔、当時ハマっていたゲームのキャラクターの携帯用ストラップセットが発売される事になって、少し悩んだけど結局購入しました。
しかし、数ヶ月程度でそのゲームに飽きてしまい、ストラップをつけている理由もなくなり、そのまま放置気味となりました。
思えば、私は携帯やスマホにストラップをつける習慣がありません。
割と邪魔になりますし、携帯・スマホに限った事ではないのですが、いろんなものをゴテゴテとくっつけるのが好きではないのです。
アクセサリーも滅多につけませんし(笑)
ストラップは1組8個入りで5000円以上しましたが、無駄な買い物になってしまいました。

ちなみに、今回欲しいのは2種類のゲーム機なのですが、ゲームは今でも最大の趣味なので、ストラップほど持て余す事はないと思われます。
でも、片方は2万円近いし、もう片方は3万円もします。
小ぎれいな状態であれば中古でも構わないのですが、新品と大して変わらないでしょうし……。

photo

とりあえず、あと1ヶ月はよく考えるようにします。
ここで衝動買いしてしまって、後に後悔するのが私なので(笑)
今あるゲーム機でも、暇潰しは十分にできますからね。
左側のアナログスティックが狂いかけてるのが気がかりではありますが。

親のすねかじりに貢がれていた

初めて異性とお付き合いしたのは、大学2年生の頃です。
同じ音楽系サークルに所属していた1学年上の先輩だったのですが、とにかく何でもお金を出してくれる方でした。
デート代の負担はもちろん、誕生日や記念日には必ず何かしら買ってくれました(しかもそれなりのお値段の物ばかり)。
先輩はアルバイトをしている気配がなかったのですが、親が起業家なのでお金の心配はいらないと言っていました。

最初はとても戸惑いましたよ。
かなりの額を支払っているのはわかっていましたので、「たまには自分で払わせてください」と言っても、「女の子にデート代を出させるなんてできない」の一点張り。
気が引けましたが、相手の厚意でもあるので、ひとまず素直に受け取っていました。

一番高価だと思ったものは、世界的規模の某ブランドのネックレスとリングのセット。
値段までは教えてもらえなかった(というか聞けなかった)のですが、後で調べてみると、なんと脅威の10万円オーバー。
さすがに何かお礼しなきゃと思ったのですが、学生バイト風情の収入で高価なものは買えませんし、まず受け取ってもらえないのは明確でした。

しかし、付き合って1年になろうとする頃、とんでもない事態が発生。
先輩の親御さんのお店(なんと地方の小さな鮮魚店)が、大型スーパーの出展や不漁の煽りを受けて潰れてしまったのです。
実は先輩が大学に進んだ時点で経営が危うかったのですが、「女の子にモテたい」という不純な理由から両親にお金をせびっていたのだそうです。
アルバイトをしていなかったのは、「遊ぶ時間がなくなるのが嫌だったから」との事。

この事実を暴露され、さらに「お金がないので、今までプレゼントした物を返してほしい」と泣き付かれました。
今まで私にプレゼントされた物は、全て親のすねをかじって買った物だったわけです。
一瞬で恋が冷めました。
10万円オーバーのアクセセットを含め、返せるものは全て返した上で、こちらからお別れしました。

その数日後、先輩は大学を中退しました。